おもちゃが生きかえる

おもちゃの病院
−ご案内

おもちゃが生き返る

おもちゃは子供達の宝物、こわれたら捨てるのではなく、治療を受けて元気を取り戻したおもちゃと新しいおつきあいが始まれば、いっそう愛着が増そうというもの。「おもちゃの病院」は子供たちとおもちゃのこんな関係を通じて子供たちが物を大切にする心を育んでくれることを願っています。こわれたままになっているおもちゃや、調子が悪くて遊べないおもちゃはありませんか。そのような時にはお気軽にご利用ください。この「おもちゃの病院」事業はNPO法人府中リサイクル推進協会が行なっています。

月に一回、おもちゃの修理を行っています。(開催日は、下記のスケジュール表でご確認ください。)

※できるだけ付属品、取扱説明書も一緒にお持ちください。

【問い合わせ窓口】
NPO法人 府中リサイクル推進協会(リサちゃんショップ けやき)
おもちゃの病院 042-360-3751

2022年4月〜2023年3月迄のスケジュール

番号 開院日 開院名・イベント名 会場
1 4月 9日(土) おもちゃの病院 旧府中グリーンプラザ分館2階
2 5月 14日(土) おもちゃの病院 旧府中グリーンプラザ分館2階
3 6月 11日(土) おもちゃの病院 旧府中グリーンプラザ分館2階
4 7月 9日(土) おもちゃの病院 旧府中グリーンプラザ分館2階
5 8月 13日(土) おもちゃの病院 旧府中グリーンプラザ分館2階
6 9月 10日(土) おもちゃの病院 旧府中グリーンプラザ分館2階
7 10月 8日(土) おもちゃの病院 旧府中グリーンプラザ分館2階
8 11月 12日(土) おもちゃの病院 旧府中グリーンプラザ分館2階
9 12月 10日(土) おもちゃの病院 旧府中グリーンプラザ分館2階
10 1月 14日(土) おもちゃの病院 旧府中グリーンプラザ分館2階
11 2月 11日(土) おもちゃの病院 旧府中グリーンプラザ分館2階
12 3月 11日(土) おもちゃの病院 旧府中グリーンプラザ分館2階

【府中おもちゃ病院】のあゆみ

府中おもちゃの病院」は今年( 2007年)開設二十五周年を迎えました。市役所の有志の方が立ち上げ、リサイクル運動の一環として市が運営してきました。先年、NPO法人「府中リサイクル推進協会」の設立を機に、「おもちゃの病院」は市の委託事業の一つとして当推進協会に移管され、今日に至っています。  さてドクターですが、開設当初市役所の呼びかけに応じて参加したボランティア仲間が増えて「おもちゃの会」を名乗るようになりました。当初からの会員もますます元気、「おもちゃの病院」活動に参加しています(ドクター紹介はこちら)。会員だれもが自他共に許すおもちゃ好き、開院当日にはいそいそと出勤して、元気を取り戻したおもちゃを抱えてにっこりする子供さんたちの様子をはげみに、持ち込まれたおもちゃの修理にいそしんでいます。この24年間の実績は、診察したおもちゃは約7,500個(2007年3月)、修理成功率は約88%ですが、年々複雑なおもちゃの割合が増しており、その日のうちに修理完了に至らず、自宅に持ち帰ってじっくり取り組む重症のケースも増えています。

ドクターたちはそれぞれ腕に覚えのある人が多いのですが、得意分野の技術を教え合い、修理技術に磨きをかけておもちゃの多様化に対応しています。またメンバーが修理に打ち込めるように、受付専門の女性(2名)も活躍しています。

ドクター紹介

氏名得意分野
天野 政治電気屋さん。機械いじりが好き。
井家 継也機械屋さん。モノ造りが大好き、趣味は音楽・ゴルフ。
酒井 康雄大工さん。電気、メカに強い。
佐藤 鎮 雄電気屋さん。趣味:鉄道模型製作、アマチュア無線特技:家庭内修理全般。
新川 和 彦機械加工屋です。電気もこなします。
横澤 典 男電気技術屋さん。メカも強い。
野溝 忠 男電子回路設計(TV等の分野)。電気工事、日曜大工等のもの作りが好き。
平野 敦電気屋さん。工作や機械が好き、オーディオが趣味。
松原 寛電気屋さん。趣味はテニス。
山口 裕久
藪谷 孝志
積田 一英