リサイクルの「基本5R 」ってなあに?
Reduce リデュース(ゴミを出さない様にしましょう)


 「減らす」という意味です。ごみの発生を抑制することで、ごみを減量しようという取り組みです。
 ごみになるものを買わない、無駄なものはもらわないようにしたいものです。
 詰め替えようの洗剤をつかうことで、本体は長く使うことができます。
 おもちゃは修理することで長く使えます。
 まだ使えるのにいらなくなったら、誰か必要としている人に譲りたいですね。
 電化製品も、壊れたらすぐに買い替えないで電気屋さんかメーカーにきいてみましょう。
 『買ったほうが安い』なんて決め付けていませんか?
 ちょっとした修理ですぐなおってしまう場合はけっこうあるんですよ。
 電子レンジやAV機器なども、素人の私たちはt源をいれても反応しない電化製品を
 『壊れた』とあきらめてしまいます。
 けれども、実はほんのひとつの部品が劣化しただけ、なんてこともあります。

 買いすぎをしないこともごみ減量になります。
 現在の大量生産、大量消費ではいつになってもごみは減りません。
 無駄になるものを買う側にも責任があります。
 『安いから、たくさん買って残ったら捨てればいいや』
 『使うかどうかわからないけれど、買っておこう』
 という考えこそ捨てるべきなのですね。

 
Reuse リユース(再利用しましょう)

 

 「繰り返し使う」という意味です。
 ビール瓶などが代表的ですが、家庭でもできることが多いんですよ。
 質がよく、丈夫な牛乳パックは、液体の冷凍保存やまな板がわりにも使えます。
 まな板のように魚のにおいが染み付いたりしないので便利です。
 使った後は他の物と一緒にあらって、リサイクルヘ。
 ペットボトルはパスタ入れに最適。フタも閉まるから乾燥剤もー緒にいれておけば安心。
 小さなペットボトルも、片栗粉や重曹、調味料の保存に便利。
 中身がみえるから、使う量や残りの量もー日瞭然です。
 使い捨てになりがちな瓶入り調味料を、袋入りのものへ変えてみてはいかがでしょう。
 暖かいお湯をいれて腰をあたためたり、ダイエットにダンベルの代わりに使ったり
 意外な使い方もありますね。

 

Refine リファイン(ゴミと資源を分別する)

 

「分類、分別する」という意味です。
 不用品は、ごみとして出す前にリサイクルしやすい用に分別しましょう。
 ゴミは、分別されないと再資源化は難しいのです。
 分別さえきちんとされていれば、早く確実に再資源化が行えるのですから、
 ぜひ習慣づけたいものです。

 

Recycle リサイクル(再生利用しましょう)

 

 「再利用する」という意味です。
 不用になったものを再資源化して循環させましよう。
 私たちは、自分がいらなくなるとつい『ごみ』と考えてしまいがち、
 それが『資源』であることも多いのです。
 リサイクルは、不用になったものを分別することから始まり、
 再生された商品を使う人がいて初めてリサイクルの輪がつながります。
 なるべく再生マークのついた物を買ったり使ったりすることで、
 資源がより有効に活用されることになります。

 

 
Reconvert to Energy (リコンバート・トウ・エナジー)

 

 利用できないゴミは、燃やす時の熟を利用するという取り組みです。